Camera, Photo

PENTAX Kー3 ファーストインプレッション:「PENTAX K-3」発売前タッチ&トライ ブロガーミーティング

main-image

AMNのPENTAX K-3 ブロガーイベントに参加した。
私はK100dからのPENTAXユーザー。 PENTAXというブランドに愛着を持っている。 他ブランドと比べて何かテンポの遅さが気になって、特にAFの遅さは…。なんて不満はいろいろあっても、PENTAXブルーと称される美しい青の発色とか歴史あるKマウント対応のレンズの豊富さとかファンにとっては魅力あるブランドだ 。

そんなPENTAXが新たに開発したK-3をモニターできるのだ、参加しないわけはない。

熱い思いをメーカーの方々から聞く。 誰も気づきそうにないところにこだわる。開発者のこだわり。例えばダイヤルロックの機構は、押しながら回すというロック機構が標準だった既存ユーザの使い勝手をそのままに、ロックを外すと押しボタンが引っ込んで、ロックが外れているギミックを実現している。PENTAXらしいギミックがいい感じ。押しボタンを斜めに設置する際の角度へのこだわり、ファインダーを覗きながら操作できる手触りで理解させる工夫は様々なトライの結論、素晴らしい。

_P3M0595_P3M0596_P3M0599

実際に触ったファーストインプレッション。とにかくAFが速くなった。手持ちの感覚とかモジュールが大きくなったにも拘らず重量とかサイズは最小限に収めている。若干重く厚くなっているがAFが小気味いいのでもう気にならない。連写も速い。SDも2枚収納できるようになった。そんなの当たり前だと他ブランドのユーザーに言われそうだけど、こうした軽快感とか、今まで我慢していたことが、ちゃんと実現されている、これはPENTAX故に使ってきたユーザーにとって何にもまして嬉しいことだ。
世界初のローパスレスセレクターとか気にはなっていたけど、考えてみると、正直ローパスセレクターがどうこう言うような腕も目もは持ち合わせてないしw、ノイズとかまぁそんな気にしてはいない方だし、そういう機能云々よりも、実際触ってみて、これはいい絵が撮れそうな気にさせるカメラであること、それは間違いなさそうだ。最近、DPシリーズがメインカメラだったのだけれど、一眼もいいなぁとか思った…。これは危険…だわw。そう、せっかくしばらく貸していただけるのだから、もう少し使い込んでみるとするか…。

最後に近くの海岸で撮った何枚か。

IMGP0079 IMGP0081 IMGP0096

Posted from Drift Writer on my iPad

comments powered by Disqus