Caffe, Coffee

珈琲だけの店、ランブル。

main-image

IMG_0031

カフェイン中毒者=私...最近、珈琲にはまっている。
基本、自分で豆を挽き、ドリップして飲むのだが、なかなか、うまいと感じる一杯を淹れることが難しい。

豆の良さを引き出すテクニック、それをいつでも引き出すことはなかなか難しい。

珈琲は奥が深い。豆の煎り方から挽き方、抽出、飲み方に至るまで、様々な技術や理論が存在する。なかなか一筋縄ではいかない。日本にもカフェ(を淹れる)の文化が根付いているのだ。

海の向こうでは、日本の珈琲が評価されてサードウェーブ珈琲として注目を浴びているそうだ。
その中で急成長中のブルーボトルコーヒーが近々、日本に上陸するという。

前置きが長くなってしまった。そのブルーボトルコーヒーの創業者が魅せられたカフェの一つがこの「カフェ・ド・ランブル」だ。

看板に「珈琲だけの店。」と書かれているとおり、トーストとかコーヒーゼリーとかケーキとか、そうした添え物はない。珈琲のみで勝負している。

長年寝かせ育てたオールドビーンズを、文字通り、一滴一滴、ネルドリップにお湯を落とすことでできあがるコーヒーは絶品。これなら他に何もいらない。

最初の一口で、思わず、微笑んでしまった。おいしい。珈琲好きが集まる店というのは、よくわかる。一杯は若干高いけれども、それだけの価値は十分ある。

IMG_0025
カフェノワール(いわゆるブレンド;中濃)のダブル by ahamo

ここの珈琲の味がなんとか家で出せないかと、豆を買い込み、トライしたがなかなか再現できない。しょうがないので、また何度も通い続けることになるような...。

うまい珈琲、ずしっとしっかりした薫り高いこれぞ珈琲、それを味わいたい方は是非。

そうだ、まだカウンターデビューしてないので、次はカウンターデビューしよう。

場所は銀座の外れ、新橋駅からが一番近い。

おすすめ。

comments powered by Disqus