Apple

メインマシンがMBA11になった日...

iMac27の大画面は使っていて本当に気持ちがよくて、デスクトップに関しては「大は小を兼ねる」だと思う。

その大画面に慣れ親しんで4年。そろそろ買い換えかなと考え始めたのだが、まずは今の環境改善だということで、保障も切れたところで自前でSSDの導入にトライしようと思い立った。

iMac27にはBTO、増設用のSATAがあらかじめ内蔵されていて、自己責任ならばSSD等を後から増設することが可能なのだ。

まず最近、急激に安くなってきたSSDを、必要なケーブル類と一緒にAmazonで購入。

ネットの情報を参考に、iMacを分解、思いの外簡単に外れる磁石でくっついている全面ガラスを外す。
ガラスを外すのが大変とか吸盤が必須とか、そんなことはない。手でちょっと引っかけて引っ張れば簡単にフロントガラスは外せた。

中の液晶をケーブルに注意しながら慎重に外し、ロジックボードをむき出しにする。

DVDを外し、背面にSSDを仕込む。ケーブル類を丁寧に外し、SSDを挿入、両面テープで背面にSSDを貼り付ける。ここまでの工程約1時間ほど。

さぁいよいよ、最終工程、外したケーブルを元通りにして元に戻す作業...

そこで、事件は起きた。やっちまった。
思わず、わぁと声を上げてしまった。その後の凄まじい脱力感…。

液晶パネルとロジックボードを繋ぐケーブルを押し込む時につい力が入ってしまい...
ロジックボード側のコネクタを破損してしまったのだ。

完全に破壊されていて、元に戻すことは不可能な状態。万事休す。

ケーブルであればケーブル交換ということで大丈夫そうだが、今回はロジックボード側のコネクタ破損と言うことで、修理屋さんに問い合わせたところ、ロジックボード交換となり、高額な修理代がかかると...4年前の旧機種に費やす価値はなさそう...。とほほ。

ということで、しばらくはサブマシンであったMBA11がメインマシンになることが決定した。あー...

【この話題つづく】


んったく、新しい何かが出てくるタイミングで、こんな事に...なんだかね。w SSD増設にトライしようとしている方々、くれぐれもケーブルの抜き差しには気を抜かず慎重に...。><

comments powered by Disqus