Apple, iPhone7, iPhone

iPhone7 Plus 予約した。

iPhone7。 噂通りの登場。少し前までは、今回はスキップしようと考えていたが…。結局、今回も購入することにした。

まず、通勤生活を続けているものにとって、やはりSuicaがiPhoneの中にあるということの便利さを体験したかった。この機能がないばかりにiPhone辞めた人もいるくらい…。今までは、Suicaを磁気遮断シートと一緒にiPhone背面に貼り付けたりとか試していたのだけれど、不恰好で耐久性もいまひとつ…。これで、ようやくスマホでタッチが日常体感できる。

今回iPhone7と同時リリースのApple Watch シリーズ2ならiPhoneいらず時計をタッチという技も可能だが、稀にやってしまう充電切れがリスクになるだろうし、すでにシリーズ1の所有者である私には、今回のシリーズ2は、iPhoneをできうる限り必要なくさせるという方向のランナーやスポーツ利用向けの改善に見えて、今は必要なさそうだ。買い替えはシリーズ3以降に持ち越し。

そしてIP67相当の防水・防塵機能がついた。お風呂でスマホが心配なく出来るようになる。ぽちゃんと湯船に落としても、すぐに取り出せば平気なレベル。   まぁ、いまどき、おサイフケータイとか防水なんて、iPhone以外の日本向け製品では、ごく当たり前の機能だけど、その当たり前な機能を具備することで、そろそろ飽和状況の日本のスマホ市場でiPhoneとしての完全体:第四形態出してきたなという感じ。次期のiPhone8は、10年を経てシンデザインで登場するという噂もあって、今のデザインの最終形態を体験してみたくなった。

今使っているのはiPhone 6sで、今まではPlusはいくら何でも大きすぎと周囲にも言っていたが、12.9インチiPad Proを使ったり、iMac27 5Kのユーザーである私は「大きいことは好いことが多い」という体験を積み重ねた結果、今回は前言撤回、Plusを選んだ。

6sでは物足りない、もう少し大きな画面で閲覧したいとか、そういう状況が最近増えたことも一因。さらにモバイルでの閲覧の方がPC経由よりも余計なものがなくシンプルで、最近ではAMPとかで爆速で表示される。コンテンツのモバイル化、モバイルファーストはこれからも加速するはず。モバイルでも、果たして大きいことはいいことになるのかお試しだ。何事も経験だ。

あと、リリースは少し先になりそうだが、iPhone7 Plusのカメラの特典、例のボケ:Bokehを体感したい。iPhoneの二眼は他社と違い、遠近を合わせたものらしいが、その出来をこの目で確かめたい。イベントで見た写真の色がすごく感じの良い色だったというのも気になるところ。色域が広がったとかレンズの明るさとか諸々、早く実物を見てみたい。(こんなことを書いていたら、先出しでPlusの写真が登場、流石すばらしい)

色。JetBlackは傷を気にしながら使うとかどうしてもそうなってしまいそうなので、マット感がいい感じなBlackにした。容量は6sと同じ128G。私の使い方ではちょうどいい感じ。

他には...オーディオジャックがなくなったとかの問題よりも(Appleが初めてじゃないし)あのデザインが最低とか「ちんあなご」とか言われているAirPodsが気になる。
昔、純正のBluetooth Headsetがあったが声の拾い方とかが秀逸だった。それが両耳になって何が起こるか、W1という専用チップが搭載される意味合いとかまだまだ分からない部分があって興味津々、今後に期待。デザインなんて身につけてみないとわからんし、言われるほどひどいものじゃないって思うんだけど…と思っていたら西田さんの実機レビューが!やはり手に入れなければ…。w

何だか、だらだらと書きなぐってきたけど、早く実物こないかなぁ。docomoオンラインショップで15分後の購入…発売日当日は無理な感じかなぁ…微妙。 → 当日、結果
   

comments powered by Disqus